今日は「たった3分で仕込んだ豆乳みそ」を美味しくする、菌ちゃんたちの活躍をご紹介します(^^♪

仕込んだ後菌ちゃんたちは、はじめに乳酸発酵してpHを下げて、雑菌汚染を防ぎます

それから時間をかけて、菌ちゃんたちは発酵熟成を進め美味しくなっていきます。

しかし、この工程は納豆の製造工程に似ているため、納豆菌が入ってしまう恐れがあります。

そうなると、出来上がりは味噌ではなく納豆になっちゃいますね。

そこで、大切なのがしっかり「塩切」をすることです。
塩分は納豆菌などの汚染からお味噌を守ってくれます

その後、菌ちゃんたちは大豆たんぱくを分解してうまみ成分を引き出し、塩辛さや乳酸菌の働きによる酸っぱさを隠してくれます。

素晴らしい、連係プレーですね。

そして先人は菌ちゃんたちを活用して、味噌だけではなく、醤油、みりん、酒、食酢、チーズ、ヨーグルト、パン、納豆、漬け物、かつお節、なれ鮨など、多くの伝統的な発酵食品を創り出してきました。

しかも、これら菌ちゃんたちの作品は重篤な疾患を引き起こす物ではありません

それは、発酵食品が誕生してからこれまで、先人が経験的に学び引き継いできた生活の中で証明されています。

さらに、発酵することで食材の栄養価が変わるんです!

消化が良くなり、菌ちゃんたちの創り出すビタミン類が豊富になります

【菌ちゃんたちの持つ素晴らしい力】
1.物質分解能力
2.物質変換能力
3.物質生産能力

この3つの素晴らしい力こそ、歴史上「発酵食品を食する民族が、より健康で長生きし、他民族を圧倒した」という由縁でしょう。

この素晴らしい力を食卓に、簡単に取り入れることができるのが、豆乳みそです。

お湯を注ぐだけでお味噌汁がカンタンに作れます。
季節の柑橘系と合わせれば、ドレッシングになります。
ニンニクやハチミツと合わせれば、豚肉とよく合います。

たった3分で仕込んだ生きた豆乳みそを摂ることで、食卓は豊かになります
毎日の食事に発酵食品をプラスして…

もっと元気に!
もっと綺麗に!なってください。

発酵食入門講座

 みそは買うものと思っていた女性が
たった3分で手前みそが作れるようになる
 目からウロコの手作り豆乳みそ講座

     食卓から自分開花!

      福岡で開催中!
最新の講座情報はこちらをご覧ください。

http://3chan-kitchen.com/nyumonlp/

     詳細を見るスイッチ