福岡初ナチュラルダイエットマイスターのみっちゃんです*\(^o^)/*

日本の食文化は科学だ!

と、今回も誰もが簡単に美味しく作るレシピを検証しました( ̄^ ̄)ゞ

今回は…完璧!
これなら誰でも簡単に美味しく楽しく続けられます!

それは…
甘麹!

手作りは安心安全♡

20140612-230928-83368913.jpgこの出来上がり…いい香りです*\(^o^)/*

今回は仕込んでからはじめの3時間の温度にこだわりました!

美味しい甘麹を作るためにはいかに50度前後の温度をキープできるか?
温度が重要です。
麹菌が死滅しない範囲で、高めの温度で発酵させたもの程、甘いんです(^^♪

そのために用意したのは?

・ダンボール
・バスタオル
・ひざ掛け
・発泡スチロールのクッションシート
・銀色の保温袋
・土鍋

これらを使って発酵に適した環境を作りました。

【甘麹の材料】        割合

・冷ご飯 350g        7

・沸騰させたお湯 100g    2

・米麹 200g         4

【手順】

1.ジプロックに常温のご飯を入れ、お湯を入れ封をして混ぜる(ほやっと、人肌に温まる)

2.塊をよく揉み解した米麹を1.に入れ封をしてよく混ぜ、中の空気抜き封をする

3.土鍋に600㏄の水を入れ、蓋をした状態で沸騰させる20140612-231527-83727911.jpg

(蓋も温めるのがポイント)

 

20140612-231636-83796597.jpg4.3.を火から降ろし、同量の水道水を土鍋に入れる

 

 

20140612-232120-84080851.jpg5.2.を4.の土鍋に入れ、すぐに蓋をする(65度くらいがいい)

 

20140612-232357-84237931.jpg
6.5.の土鍋をバスタオル+ひざ掛け+保温袋でくるみ、内側に発泡スチロールのクッションを  張ったダンボールに入れ蓋をきっちり締める(温度が下がらないように手際よく)

(↑このシート、子供たちがちっちゃい時に使ってた物(^^ゞ 捨てなくてよかったw)

 

20140612-232359-84239213.jpg

この状態でおやすみなさい

10時間後…

 

甘味もばっちりvヽ(*゚∀゚*)ノ

寝てる間に簡単、美味しくできました〜

詳しいワンポイントエッセンスを6月17日のお教室でお話します。

お楽しみに♬